病気が悪化した場合の額改定請求について

障害年金を既に受給している方で障害の程度が悪化した場合には「額改定」という請求方法があります。

例えば、障害の程度が悪化し治療費が増えてしまったとします。そんな時は、額改定手続きを行い、認定されれば現在の症状にあった適切な障害年金を受け取ることが出来ます。

障害年金の受給が決まると、多くの一般の方々は次の更新時期までそのままにされていることが多いと思います。

ただし、この「額改定」請求を行い、認定されれば請求をした翌月から年金額の改定がなされます。

皆様が納得した障害年金の等級で受給ができるよう当事務所はサポートいたします!

もちろんご自身でチャレンジすることもできますが、やはり多くの場合、専門家の
力を借りたいと思われる方も多いようです。

当事務所はそのようにお困りの方の力になれるよう、無料相談を行っております。お気軽にお問い合わせください。

     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122