統合失調症・広汎性発達障害・知的障害で障害基礎年金2級を受給できた事例

相談者

大阪市 女性(50代・無職)

傷病名:統合失調症・広汎性発達障害・知的障害

受給決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給決定額:年間 約78万円(有期認定1年)

相談時の状況

HPを見て電話で問い合わせを頂きました。

幼いころから勉強が苦手で、人間関係も上手くいかず、学生時代はなかなか友達ができずに孤立してしまっていじめられることも多く、社会人になってからも仕事が長続きせずに職を転々としてしまうなど、生きにくさを感じながら人生を過ごされてきたとのことでした。

20代後半頃から、幻聴・幻覚・独り言などの症状も出現し、精神科を受診したところ統合失調症と診断され、その後の検査で、広汎性発達障害と知的障害もあることが判明したそうです。

初めはご自身で障害年金の請求手続きをしようとしていたそうなのですが、病歴・就労状況等申立書を上手く作成することができずに悩んでいたところ、当事務所のHPを発見し、ご相談を頂いたとのことでした。

依頼から請求までに行ったこと

知的障害・発達障害に統合失調症が併発している場合、知的障害・発達障害の病態と統合失調症の病態に因果関係が認められれば、同一疾患と判断されます。

今回は知的障害・発達障害の病態と統合失調症の病態に因果関係が認められるという主治医の判断があったため、同一疾病として手続きを進めることとなりました。

知的障害がある場合の初診日は、原則として出生日とみなされる為、基本的に20歳の誕生日前後3か月以内の診断書を取得する必要があるですが、今回は20歳時点ではまだ病院を受診していなかった為、遡っての請求はできず、事後重症での請求を行いました。

病歴・就労状況等申立書は、出生時から現在に至るまでの約50年間をまとめる必要があり、ご自身での作成は非常に難しかったとのことで、ご本人から詳細に聞き取りを行い、日常生活で不便を感じているポイントを中心に詳しく書類にまとめて、請求手続きを行いました。

結果

無事、障害基礎年金2級が受給決定し、ご本人様にも大変喜んで頂くことができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122