胸椎後縦靭帯骨化症・腰部脊柱管狭窄症で障害基礎年金2級を受給できた事例

相談者

大阪府 東大阪市 女性(60代・無職)

傷病名:胸椎後縦靭帯骨化症・腰部脊柱管狭窄症

年金種類と等級:障害基礎年金2級(遡って認定)

受給決定額:年間 約78万円(有期認定5年)・遡り受給額 約98万円(1年3か月分)

相談時の状況

HPを見てLINEで問い合わせを頂きました。

外出は困難な状況でしたので、ご自宅でお話を伺いました。

約3年前に腰痛の症状が出始め、徐々に痛みが増していき、最終的に歩けない程の状態となった為、
整形外科を受診したところ腰部脊柱管狭窄症と診断され、手術を受けられたとのことでした。

しかし、手術後も痛みは改善せず、腰から背中にかけての激痛により、
杖なしでの歩行はできず、起き上がっているのは30分が限界で、
日中の半分以上はベッドで横になって過ごさざるを得ないほど、
日常生活に著しい制限を受けている状況でした。

依頼から請求までに行ったこと

脊柱管狭窄症の場合は、痛みによる動作の制限が大きいことから、
日常生活で制限を受けている内容を正確に診断書に反映してもらうことが重要となります。

その為、「日常生活における動作の障害の程度」について
別紙にまとめた上で診断書を依頼させて頂き、日常生活で制限を受けている内容を
漏れなく正確に診断書に記載してもらうことができました。

また、病歴・就労状況等申立書も日常生活で制限を受けている内容を
わかりやすくまとめて作成させて頂きました。

結果

無事、障害基礎年金2級が1年3か月遡って受給決定し、
ご本人様にも大変喜んで頂くことできました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体障害」の記事一覧

     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122