うつ病で障害厚生年金3級を受給できた事例

相談者

八尾市 男性(20代・無職)

傷病名:うつ病

受給決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

受給決定額:年間 約59万円(有期認定1年)

相談時の状況

HPを見てLINEで問い合わせを頂きました。

3年前から、動悸、不安、不眠、食欲低下、倦怠感、息苦しさ、抑うつ症状などの症状が現れ、仕事を数週間休職してしまうほど体調が悪化した為、精神科を受診し、うつ病と診断されたそうです。

抗うつ剤の処方を受けながら、そこから2年ほどは、休みがちではあったものの、なんとか仕事を継続されていたそうです。

しかし、症状がどんどん悪化し、仕事を休む頻度も増えていき、昨年退職するに至ったとのことでした。

退職後は家に引きこもる生活を送っており、当事務所のHPを発見し、障害年金受給の可能性があるのではないかと思い、ご相談を頂いたとのことでした。

依頼から請求までに行ったこと

この方の場合は、初診時から現在に至るまでずっと同じ病院へ通院していたこともあり、初診日は診断書にて確認がとれる為、初診証明(受診状況等証明書)を取得する必要はなく、診断書のみ取り付けを行いました。

精神疾患で障害年金を請求する場合は、働いていると病状が軽いと判断される傾向にあります。

この方は、初診日から1年半後の障害認定日の時点では、まだ仕事を継続している状況であった為、遡りで認められる可能性は低かったのですが、体調が悪く休みがちであり、きちんと働けている状況ではなかった為、3級認定の可能性に望みをかけ、その時の就労状況を病歴・就労状況等証明書にしかっりとまとめ、書類を作成しました。

結果

事後重症にて障害厚生年金3級が無事受給決定し、ご本人様にも喜んで頂くことができました。

しかし、残念ながら障害認定日時点への遡っての請求は認められず、一般雇用で就労中の場合の障害認定の難しさを改めて痛感した次第です。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」の記事一覧

     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122