軽度知的障害・双極性障害で障害基礎年金2級を受給できた事例

相談者

富田林市 女性(30代・無職)

傷病名:軽度知的障害・双極性障害

受給決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給決定額:年間 約78万円(有期認定1年)

相談時の状況

HPを見てご家族の方から電話で問い合わせを頂きました。

この方は20代の頃から長年、双極性障害で通院をされており、仕事ができない状態が10年以上続いていたのですが、軽度知的障害については本人・家族・主治医を含めて誰も気付かずに過ごしてきたそうです。

しかし、1年前に病院を転院したことがきっかけで、転院先の主治医が知的障害への疑いを持ち、検査を受けた結果、軽度知的障害についても判明ししたとのことでした。

障害年金の診断書取得まではご家族が進めていたのですが、病歴・就労状況等申立書の作成でつまずき、当事務所へご相談頂いたとのことでした。

依頼から請求までに行ったこと

知的障害は、原則として先天性である為、障害年金上、初診日は出生日と判断されます。

しかし、この方の場合は知的障害の程度は軽度であり、小中高と普通学級に所属し、卒業後も双極性障害を患われるまでは一般雇用枠で仕事をすることができていたことから、双極性障害を主要因として障害認定され、初診日は出生日ではなく、双極性障害を患って初めて病院を受診した日と判断される可能性がありました。

ただそうなってしまうと、保険料納付要件を満たしていなかったこともあり、何としても出生日を初診日と判断してもらう必要がありました。

幼少期からのお話を詳しく伺うと、知的障害には気づいていなかったものの、学校の成績もずっと悪く、人が話している内容を理解したり、自分の思っていることを人へ伝えることが苦手で、友達はほとんどできずに孤立し、クラスメイトからいじめに遭うことも多く、そのような知的障害からくる生きづらさが積み重なって、双極性障害を発症したのだということがわかりました。

その為、幼少期からの状況を病歴・就労状況等申立書に詳しくまとめ、知的障害と双極性障害との関連性がはっきりとわかるように書類を作成し、提出しました。

結果

無事、障害基礎年金2級が受給決定し、ご本人様、ご家族様にも大変喜んで頂くことできました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」の記事一覧

     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122