双極性障害で障害基礎年金2級を受給できた事例

相談者

大阪府 八尾市 男性(20代・無職)

傷病名:双極性障害

受給決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給決定額:年間 約78万円(有期認定1年)

相談時の状況

HPを見て、1分間受給判定フォームからお問い合わせを頂き、ご面談させて頂くこととなりました。

小学生の頃から、精神的に辛いことがあると背中に痛みが出現する症状があり、中学生の時に初めて整形外科を受診したそうですが異常は見つからず、心因性の疑いが強いとしてすぐに精神科へ紹介、転院となり、双極性障害と診断されたとのことでした。

双極性障害ということで、病状に波があり、高校も不登校となって退学してしまうなど、日常生活にかなり支障が出ている状況が続いていたそうです。

高校退学後は、躁期のタイミングでアルバイトを始めたことも何度かあったそうですが、うつ期が到来する度に続けることが困難となり、毎回数か月で辞めてしまっていたそうです。

ご本人は双極性障害が障害年金の受給対象の疾病であり、20歳から請求できることもご存じであったため、20歳になったタイミングで当事務所へご相談頂いたとのことでした。

依頼から請求までに行ったこと

まず、初診時の状況把握のために整形外科で受診状況等証明書の取得を行いました。

その後、日常生活状況についてまとめた補助資料を添付の上、精神科で診断書の取得を行いました。

ずっと同じ精神科を継続受診されていたため、診断書の取得はスムーズに行うことができました。

双極性障害方の場合は、うつ期と躁期の波があり、それぞれの時期によって症状も違うため、病歴・就労状況等申立書にそれぞれの状態を分かりやすくまとめて書類を作成しました。

結果

無事、障害基礎年金2級が受給決定し、ご本人様にも大変喜んで頂くことできました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」の記事一覧

     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122