双極性障害で障害基礎年金2級を受給できた事例

相談者

大阪府 大阪市 女性(40代・無職)

傷病名:双極性障害

受給決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給決定額:年間 約78万円(有期認定1年)

相談時の状況

HPを見て電話で問い合わせを頂きました。

約15年前、シングルマザーとして子供をかかえながら頑張って生活していたそうなのですが、精神的に限界に達し、家から出られないほどの病状となり、心配した友人に連れられて精神科を初めて受診し、うつ病と診断されたそうです。

その後転院を繰り返すなどして最終的に現在の病院で双極性障害と診断されたとのことでした。

ご本人はうつ病や双極性障害などの精神疾患により、障害年金を受給できる可能性があることは全く知らずに過ごしてきたそうなのですが、現在通院している主治医に障害年金受給の可能性があることを聞き、当事務所へご相談頂いたとのことでした。

依頼から請求までに行ったこと

まず、初診証明(受診状況等証明書)の取得を行いました。

初診日が約15年前だったため、カルテが破棄されている可能性もあり心配していたのですが、初診時の病院へ確認するとカルテが無事残っていて、初診証明(受診状況等証明書)は無事取得することができました。

 

次に初診日から1年半後の障害認定日の時点で通院していた病院へ連絡したところ、残念ながらカルテが破棄されてしまっており、障害認定日時点での診断書を取得することはできず、遡り請求はあきらめざるを得ませんでした。

 

その後、現在の病院へ診断書を依頼しました。

ご本人から日常生活状況に関して詳しくヒアリングを行った内容をまとめた補助資料を添付させて頂いたこともあり、無事に正確に日常生活状況が反映された内容の診断書を作成頂くことができました。

 

病歴・就労状況等申立書については、病歴が約15年と長く、転院も繰り返していた為、病状の経過と日常生活で不便に感じているポイントをわかりやすくまとめて書類を作成しました。

結果

無事、障害基礎年金2級が受給決定し、ご本人様にも大変喜んで頂くことできました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」の記事一覧

     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122