就労継続支援A型で就労中に双極性障害・気分変調症で障害基礎年金2級を受給できた事例

相談者

大阪府 大阪市 女性(30代・就労継続支援A型へ通所中)

傷病名:双極性障害・気分変調症

受給決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給決定額:年間 約78万円(有期認定1年)・遡り受給額 約338万円(4年4か月分)

相談時の状況

障害年金を受給中の同僚の方からの紹介により、電話で問い合わせを頂きました。

高校生頃から、家庭環境の悪化などがきっかけで精神的に不安定な状態となってしまい、社会人になってからも仕事は長続きせず職を転々とし、最終的には働けないほどの病状となってしまっていたそうです。

両親が精神科へ否定的な考えであったこともあり発病後すぐには病院を受診できず、発病から7年ほど経過して初めて精神科を受診したとのことでした。

初めの病院では強迫性障害と診断されたとのことでしたが、その後いくつか病院を転院するなどして、初診日から1年6か月後の障害認定日の時点の病院では気分変調症と診断され、その後転院した現在の病院では最終的に双極性障害と診断されたとのことです。

ご本人は自分が障害年金を受給できる可能性があることは全く知らずに過ごしていたそうですが、通所している就労継続支援A型の同僚から障害年金のことを教えてもらい、当事務所へご相談頂いたとのことでした。

依頼から請求までに行ったこと

これまでの発病から現在に至るまでの経過を詳しく聞き取りを行うと、うつ状態と躁状態の気分の上がり下がりが非常に激しいことが分かりました。

その為、発病から現在に至るまでのうつ状態と躁状態のそれぞれの時期の症状を正確に診断書に反映してもらうことが重要であると考え、主治医に診断書を依頼する際に、これまでの経過を書面に詳しくまとめた補助資料を添付し、無事に正確な病状の経過が反映された内容の診断書を作成頂くことができました。

また、病歴・就労状況等申立書にもうつ状態と躁状態の気分の上がり下がりの経過をわかりやすくまとめて、診断書の内容をきちんと補完できるように作成しました。

結果

無事、障害基礎年金2級が4年4か月遡って受給決定し、ご本人様にも大変喜んで頂くことできました。

 

大阪で障害年金のことでお悩みなら、まずはお気軽にご相談ください!

お問合せ「社会保険労務士事務所 ほほえみ障害年金Labo」は、障害年金に関わる相談者様のお悩みに親身になってご対応させて頂きます。

障害年金は、申請書類の書き方1つで受給額が大きく変わったり、不支給になってしまうケースがあります。

障害年金にお悩みの方、障害年金を受給したいとお考えの方は、是非お電話にて無料の個別相談についてお問合せ下さい。

電話相談:06-7176-3122

メール相談:メールフォーム

 

無料の個別相談では、しっかりとヒアリングさせて頂きます。

障害年金は、その方の状況により申請方法が大きく変わってきます。

その方の状況に応じた適正なアドバイスをさせて頂く為に、無料の個別相談では、障害年金専門の社労士が相談者様のお話を約30分~1時間かけて、しっかりとヒアリングさせて頂きます。

 

ご自宅などへの出張相談も可能です。

病気やケガで1人では外出できないという方のために出張相談を行っております。

ご自宅、最寄りの駅や、相談者様が落ち着けるカフェや施設などでも相談を承ります。

もちろんご家族からのご相談も大歓迎です。

TEL:06-7176-3122

メール:メールフォーム

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」の記事一覧

     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122