【大阪】障害年金受給・支給申請について社労士に相談するメリット

障害年金受給の申請について調べたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。障害年金が支給されるかどうかは、医師が作成する診断書と自分で作成する申立書の審査にかかっています。スムーズに手続きを行うためにも、障害年金に詳しい社労士へ相談することをおすすめします。

こちらでは、障害年金受給申請を社労士に依頼するメリットと、自分で支給申請を行った場合に起こり得るトラブルについてご紹介します。

大阪で社労士に障害年金受給について相談したいとお考えでしたら、ぜひ社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboをご利用ください。

障害年金受給の申請を社労士に相談するメリット

障害年金受給の申請は、自分で行うことも可能です。しかし、社労士に依頼することでより確実に、労力や精神的な負担を少なくして障害年金受給にたどり着くことができます。

正確な内容の申請ができる

障害年金受給専門の社労士は、年金受給申請手続きの流れや段取りをしっかりと把握しています。そのため、ポイントを押さえた正確な内容を記載することができるのです。手続き自体も委任状で代行するので、ご相談者様自ら年金事務所に足を運ぶ必要がありません。

診断書の作成に関するアドバイスがもらえる

初診の病院と傷病の治療を受けた病院が一緒であれば、「障害年金の相談」「必要な検査」「診断書の受け取り」の3回程度の通院で障害年金受給申請に必要な診断書を作成してもらえます。病院が変わっている場合には、過去に通った病院へ診断書を書いてもらえるかを問い合わせて、依頼しなければなりません。

初診日があやふやだったり、初診の病院が廃業していたり、傷病発生時の症状がはっきりしなかったりする場合には、社労士に障害年金受給の申請手続きを依頼することをおすすめします。

障害年金を受給すると、定期的に診断書を提出して更新審査を受けなければなりません。更新の際は、障害年金受給申請を依頼した社労士に相談すると安心です。

大阪の社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboは、障害年金受給申請に関する様々なご相談に対応いたします。

障害年金受給の申請を自分ですると起こり得るトラブル

障害年金の申請を自分で行った際には、以下のようなトラブルが発生することがあります。

診断書と申立書の内容に矛盾がある

医師が記入する診断書と自分自身で記入する病歴・就労状況等申立書の内容に矛盾があると、申立書を書き直すか追加書類の提出が必要になる場合があります。医師は患者の傷病のことは誰よりもわかっていますが、学業の状況や就業状況まで正確に把握しているわけではありません。そのため、医師に対して正確な情報提供を行った上で診断書を依頼し、病歴・就労状況等申立書にも正確に記入する必要があるのです。

間違った初診日を申告してしまう

障害年金受給の申請を自分で行う際に、初診日を間違って申告したり、初診日以前に症状が出て受診していたことを見逃してしまったりすることがあります。初診日にどの年金に加入していたかで、障害基礎年金の受給だけになるのか、障害厚生年金の上乗せがあるのかが変わってくるのです。

特に障害厚生年金3級相当の障害の場合には、年金がもらえるかどうかの境目になってしまいます。年金事務所では、年金番号に紐付けられて障害年金の申請を行った記録が残されますので、後になって初診日を訂正しようとしても困難な場合があるので注意が必要です。

申請する時期がわからない、先が見通せない

傷病から1年半未満、または障害固定する前など、まだ申請しても支給対象とならない時期に慌てて申請してしまったり、少しでも収入を得ようと老齢年金の前倒し請求をしてしまったりする場合があります。

老齢年金の前倒し支給を受けてしまうと、その後、障害年金受給の申請を行うことができなくなってしまいます。

知的障害や先天性の病気、20歳前の傷病は年金の加入を要件とせずに障害基礎年金の支給対象になりますので、早めにご相談ください。

大阪で障害年金受給申請サポートを受けるなら、社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへご相談ください。障害年金の専門家である社労士が受給をサポートいたします。

社労士が支給に向けてサポート!大阪で障害年金受給の相談をするなら社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Labo

障害年金受給申請は自分で行うこともできますが、申立書の作成に時間がかかってしまったり、初診日がわからず手続き自体を諦めてしまったりすることがあります。

大阪で障害年金受給手続きをお考えの際には、障害年金に詳しい社労士事務所へご相談ください。社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboは、障害年金に特化した社労士として、ご相談者様の障害年金受給をサポートいたします。入院中の方や外出ができない方からのご相談の場合、出張相談を行うことが可能です。大阪で障害年金が不支給にならないよう申請したいとお考えの方は、ぜひ社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへお問い合わせください。

大阪で障害年金受給申請をするなら社労士へ相談することをおすすめします!

会社名 社会保険労務士事務所 ほほえみ障害年金Labo
住所 〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺2番12号 Tsunagaruビル 5F
電話番号 06-7176-3122
営業時間 受付 9:00-19:00 (平日・土曜日)
URL https://higashiosaka-shogai.com/

「【大阪】障害年金受給・支給申請について社労士に相談するメリット」の関連記事はこちら

     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122