【大阪】障害年金専門社労士にうつ病・傷病の相談を!うつ病の症状と障害認定基準

うつ病の症状が悪化すると、日常生活に支障が出てしまいます。必要な保障を受けるためにも、生活が困窮する前に障害年金専門の社労士へご相談ください。

こちらでは、傷病のひとつであるうつ病の症状や障害年金の認定基準などについて解説しています。

大阪で障害年金専門の社労士へ相談したいとお考えでしたら、ぜひ社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへお問い合わせください。

うつ病の症状とは?傷病が悪化する前に障害年金専門の社労士へご相談を

the symptoms of depression

多くの方が悩んでいる「うつ病」は、強いストレスや脳内の状態が変わることなどによって起こる傷病です。気分が暗くなる、落ち込む、憂鬱な気持ちになるといった心の変化に加え、眠れない、頭が痛い、体が重いなど身体的な症状が起こることもあります。

うつ病は心の病気だと捉えられがちですが、脳の病気でもあるといわれています。また、うつ病にかかりやすい方もおり、ご家族など遺伝の要素もあるようです。

うつ病では、上記でご紹介した症状の他にも、様々な症状を発症する可能性があります。

精神的に現れる症状だと、強い不安感を覚える、何事においても自分を責めてしまう、物忘れが激しくなる、何にも興味を見いだせなくなるなどです。

身体的な症状では、動悸や息苦しさ、口の乾き、食欲が落ちるといった症状が現れます。

気持ちが落ち込んでしまう、元気が出ないといった状態を「抑うつ状態」と呼び、これらの症状が強くなることで、うつ病だと診断されるケースが多いようです。

こうした症状が重くなることで、夜に眠ることができずに翌日の仕事に支障をきたしたり、仕事の内容が頭に入ってこなくてミスが増えたりするといったトラブルが起こりやすくなります。

他にも、体が重くて起き上がれない、食事が摂れなくて力が出ないなど、うつ病は仕事以外にも生活全般に支障をきたすこともある恐ろしい病気です。

これまでの自分と様子が違うと感じたら、症状が軽いうちに医師の診察を受けるようにしましょう。

うつ病の障害認定基準と障害年金を受ける方法とは?

the disability certification criteria

うつ病には「障害認定基準」が設けられており、1~3級のいずれかに該当すると「障害年金」を受給できる可能性があります。

うつ病によって通勤ができなくなったり、仕事ができなくなってしまったりした場合、生活自体がままならなくなってしまうので、障害年金への理解を深めておくことはとても大切です。

うつ病の障害認定基準は以下の3段階に分かれています。

  • 3級:うつ病によって仕事をすることができない状態
  • 2級:うつ病によって仕事はもちろん日常生活にも支障をきたしている状態
  • 1級:うつ病によって身の回りのことすらほとんどできない状態

この中でも、バランスのよい食事を摂ることができるか、交通事故などとっさのトラブルに適切な対処ができるかなど、さらに細かい判断基準が設けられています。

障害年金を自分で手続きして受給することは、うつ病で日常生活がままならない方にとっては難しいでしょう。

その際は、障害年金専門の社労士に手続きを依頼するのもひとつの方法です。社労士とは、社会保険労務士法に基づいた国家資格者のことで、職場や企業での悩みや年金の相談に応じています。その中でも障害年金専門の社労士は、うつ病をはじめとした傷病による障害年金受給のサポートを行っています。

障害年金の受給に関しての幅広いサポートをお求めの方、障害年金専門の社労士をお探しの方は、大阪の社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへお任せください。

これから障害年金の申請をしたい方や既に受給を受けていて更新したいという方など、様々な状況やご相談に合わせてサポートをさせていただきます。

東大阪市や八尾市、河内長野市、富田林市、羽曳野市エリアを中心に大阪府全域からのご依頼に対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

うつ病による障害年金を受給するなら大阪の社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへ

うつ病の恐れがある方は、速やかに医師の診察を受けましょう。その後、適切な行程を経て障害年金を受給する必要があると判断した場合は、障害年金専門の社労士に相談することをおすすめします。

大阪にお住まいの方は、障害年金専門の社労士が受給に向けてサポートを行う社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboにご相談ください。東大阪市や八尾市、河内長野市、富田林市、羽曳野市エリアを中心に大阪府全域からのご依頼に対応しており、障害年金請求を全力でサポートいたします。知識と経験がある専門家がお手伝いをさせていただきますので、安心してお任せください。

大阪で障害年金専門の社労士をお探しでしたら、社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへ

会社名 社会保険労務士事務所 ほほえみ障害年金Labo
住所 〒577-0055 大阪府東大阪市長栄寺2番12号 Tsunagaruビル 5F
電話番号 06-7176-3122
営業時間 受付 9:00-19:00 (平日・土曜日)
URL https://higashiosaka-shogai.com/

「【大阪】障害年金専門社労士にうつ病・傷病の相談を!うつ病の症状と障害認定基準」の関連記事はこちら

障害年金無料診断キャンペーン
ご相談者様からたくさんのありがとうが届いています!
     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122