【大阪】障害年金の支給要件とは?無料相談・申請サポートは実績豊富な社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへ

障害年金は、病気やケガが原因で働けなくなってしまった場合に受給が可能な公的年金です。障害年金を受給する際には、3つの支給要件をすべて満たす必要があります。ご自身での申請手続きが難しい場合は、障害年金に特化した社会保険労務士へご相談ください。

こちらでは、障害年金の申請をする前に知っておきたい支給要件について解説します。

大阪府の社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboは、障害年金の申請サポートや無料相談を承っております。豊富な実績に基づいてサポートをさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

障害年金の支給要件とは?お困りなら実績豊富な社会保険労務士へご相談を

the disability pension payment requirements

障害年金の受給申請を行う際には、支給要件を把握しておくことが大切です。

障害年金の仕組みや支給要件などがいまいち理解できずお悩みなら、障害年金に特化した社会保険労務士に相談するのもひとつの手段です。

実績豊富な社会保険労務士なら、わかりやすく説明したのち、適切な申請サポートを受けることができます。

障害年金の支給要件は以下のとおりです。

初診日

障害年金を受給する上で満たさなければならない要件のひとつが、初診日に関するものです。障害年金を受け取るためには、病気やケガにより働けなくなってしまったことを証明しなければならず、そのためには医療機関で診断を受ける必要があります。

障害年金の支給要件においては、この診断を受けた日に対象となる年金に加入していることが定められているのです。例えば、初診日の段階でいずれの年金にも加入していない方の場合、その病気・ケガが原因で働けなくなってしまったとしても、障害年金の支給を受けることはできません。

保険料の納付状況

障害年金とは国民年金や厚生年金、共済年金を基礎とする年金制度です。加入者は保険料を納めなければならず、障害年金の支給要件ではこの保険料の納付状況に関しても規定を設けています。

基本的に障害年金の支給要件では、初診日の前日の時点で、初診日の月の前々月までの被保険者期間のうち、3分の2以上の期間で保険料を納付している必要があります。また、この期間は「保険料を免除された期間」と「学生納付特例または保険料納付猶予の対象期間」も対象です。

障害認定日

障害年金の支給を受けるためには、障害認定日に関する要件も満たしていなければなりません。ここでいう障害認定日とは、初診日から1年6ヶ月を経過した日、もしくは病気・ケガが治った日(1年6ヶ月以内に完治した場合)のことを指します。

障害年金の支給を受けるためには、この障害認定日の時点で一定の障害状態でなければなりません。ただし、人工透析が必要な場合などの重度の障害を負っている場合、1年6ヶ月が経過するのを待つことなく受給が可能となるケースもあります。

大阪府東大阪市にある社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboでは、障害年金に関する無料相談を承っております。豊富な実績をもとにご相談者様が障害年金を受給できるようサポートをさせていただきます。大阪で障害年金の受給をご希望の方は、ぜひ社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへお問い合わせください。

障害年金の申請サポート・無料相談は大阪の社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへ

please contact

障害年金を受給するためには、初診日・保険料の納付状況・障害認定日の各要件を満たした上で、必要書類を揃える必要があります。

障害年金の受給申請について不安がある方は、大阪府東大阪市にある社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへご相談ください。無料相談と申請サポートで、ご相談者様が障害年金を受給できるようお手伝いをさせていただきます。

大阪の障害年金申請サポート 社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Labo

会社名 社会保険労務士事務所 ほほえみ障害年金Labo
住所 〒577-0055東大阪市長栄寺2番12号Tsunagaruビル 5F
電話番号 06-7176-3122
営業時間 受付 9:00-19:00 (平日・土曜日)
URL https://higashiosaka-shogai.com/

「【大阪】障害年金の支給要件とは?無料相談・申請サポートは実績豊富な社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへ」の関連記事はこちら

     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122