【大阪】障害年金における初診日とは?社労士への相談・親身なサポートでご家族も安心

障害年金の申請では、初診日が重要な意味を持ちます。社会復帰後であれば、社会的治癒の認定日も関係しますが、いずれも特定や証明は容易ではありません。

こちらでは、障害年金受給のために重要な初診日や社会的治癒について解説いたします。

大阪で障害年金の申請にお悩みの方は、社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへご相談ください。社労士がお客様に安心して申請をしていただけるよう全力でサポートいたします。ご家族からのご相談にも対応可能です。

社労士が申請をサポートするから安心!障害年金の申請で重要な初診日とは?

the important first visit date

初診日は、障害年金制度の加入要件、納付要件、障害の程度を認定する基準日となります。厚労省と日本年金機構が定めた障害年金請求の要件には以下3項目があり、初診日の証明が必要です。

  • 初診日において国民年金、厚生年金保険の被保険者であること
  • (初診日の前日までに)保険料の納付要件を満たしていること
  • 障害認定日(初診日を基準に決定)において、障害の程度が等級に該当していること

診療科や診断の有無は関係なく、障害の原因となった病気やケガで、初めて医師の診察を受けた日が初診日と認められます。ただし、健康診断は初診日として扱われないことがほとんどです。

初診日から長期間が経過すると、初診日のカルテが残っていない場合があります。その場合、障害年金の請求時には、初診日証明のために「受診状況等証明書」を提出する必要があります。紹介状や事故証明書、お薬手帳、領収書などから、診察記録をたどって初診日を証明していく大変な作業が必要です。

家族以外の第三者による証言も使えますが、個人で情報を集めて申し立てをしていくのは、莫大な時間と労力がかかります。専門家に相談し、サポートを受けることを検討しましょう。

大阪の社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboは、障害年金の申請で必要となる初診日の証明に関するサポートも行っております。障害年金に特化した社労士が対応させていただくため、初めて申請を行う方や自分で申請が行えない方も安心です。ご本人様はもちろん、ご家族からのご相談も承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

社会復帰をするならチェック!社会的治癒とは?

What is social healing

社会的治癒とは、請求者の権利を守るための障害年金特有の考え方です。医学的には完全に治癒したといえない場合でも、一度投薬や通院から離れて相当期間の社会復帰ができていれば、再発後の傷病は新しいものとみなします。

そのため、再発後に医師の診療を受けた日が初診日と認められるのです。社会復帰の期間は明言されていませんが、少なくとも数年が必要です。社会的治癒の認定は事例ごとに判断されています。

社会的治癒の認定判断は、主治医ではなく障害認定医が行います。社会的治癒は「症状がなくなり、日常生活に支障がない状態」が「長期間続く」ことが前提です。

症状が続いているのに、個人的理由で診療を受けなかった場合には、証明できません。証明するためには、多くの書類を揃えて医師の協力を得る必要があります。

自力で準備を進めるよりも、信頼できる社労士によるサポートを受けた方がスムーズに手続きが進みます。

初診日を後の傷病とする方が請求する際に有利であれば、社会的治癒での申請を検討しましょう。

大阪で障害年金の受給申請を検討されている方、社会的治癒を利用するメリットを比較したい方、証明手続きについてのご相談がある方は、社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへお問い合わせください。障害年金に特化した社労士がご質問にお答えいたします。

ご家族からのご相談にも対応!大阪で障害年金について相談するなら

障害年金の初診日や社会的治癒は、障害年金の申請や保障内容に直結する重要なポイントです。いずれも証明が難しく、必要以上に時間や労力がかかってしまうこともあります。

大阪で障害年金の申請を行う際は、知識と経験が豊富な社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへお任せください。

社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboは、東大阪市や八尾市、河内長野市、富田林市、羽曳野市エリアを中心に大阪府全域からのご依頼に対応いたします。ご相談者様やご家族の様々な疑問や不安に対して丁寧にご説明をさせていただきますので、安心して障害年金の手続きが行えます。

大阪で障害年金の相談をするなら、社会保険労務士事務所ほほえみ障害年金Laboへ

会社名 社会保険労務士事務所 ほほえみ障害年金Labo
住所 〒577-0055東大阪市長栄寺2番12号Tsunagaruビル 5F
電話番号 06-7176-3122
営業時間 受付 9:00-19:00 (平日・土曜日)
URL https://higashiosaka-shogai.com/

「【大阪】障害年金における初診日とは?社労士への相談・親身なサポートでご家族も安心」の関連記事はこちら

     
9:00-19:00 (平日・土曜日)06-7176-3122